BELS評価

BELS評価

申請されるまえに

《平成28年基準》にて省エネ性を検討したものをご提出ください

平成29年4月1日以降、所管行政庁へ認定申請される物件は、平成28年基準でご検討ください。

  • 窓枠を考慮した日射熱取得率を使用してください
  • 平成28年基準に準拠した計算プログラムを使用してください

変更申請について

平成25年基準の使用はできません。

 

 

概 要

BELS評価(建築物省エネルギー性能表示制度)とは

BELS評価とは、「Building-Housing Energy-efficiency Labeling System」の略です。

新築・既存の建築物において、第三者評価機関が省エネルギー性能を評価し、評価結果を☆の数で表示します。

当センターでは、BELSの評価および評価書の発行をいたします。

参考サイト及び参考図書

建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(平成27年法律第53号)』

第7条において、住宅事業建築主その他の建築物の販売または賃貸を行う事業者は、その販売又は賃貸を行う建築物について、エネルギー消費性能の表示をするよう努めなければならないこととなりました。

これに伴い、国土交通省は、建築物のエネルギー省性性能の見える化を通じて、性能の優れた建築物が市場で適切に評価され、選ばれるような環境整備等を図れるよう定められたガイドライン [PDF] において、第三者認証制度のひとつとして、BELSが位置付けられました。

評価に用いる指標・手法

住宅(一戸建ての住宅、共同住宅等の住戸部分)

用いる評価方法 一次エネルギー消費量における指標 外皮性能における指標
性能基準 一次エネルギー消費量 及び BEI[※1] UA 及び ηAC
仕様基準[※2] (BEI=1.0) (省エネ基準への適否)

[※1]BEI=設計一次エネルギー消費量(その他一次エネルギー消費量を除く)/基準一次エネルギー消費量(その他一次エネルギー消費量を除く)

[※2]仕様基準・・・一次エネルギー消費量において仕様基準を用いる場合は、外皮性能の省エネ基準への適合が必要となる。

業務区域

  • 奈良県・・・全域
  • 京都府・・・木津川市・笠置町・和束町・精華町・南山城村 ・

宇治市・城陽市・八幡市・京田辺市・久世郡久御山町・綴喜郡井手町

  • 大阪府・・・東大阪市・八尾市
  • 和歌山県・・・橋本市

対象建築物

  • 一戸建ての住宅
  • 共同住宅等の住戸部分
  • 非住宅

BELS評価の業務規程等