長期優良住宅

長期優良住宅

 

 

申請されるまえに

着工前に所管行政庁へ認定申請する必要があります

認定申請を所管行政庁が受付した後に、着工が可能となります。

規模(床面積)の基準があります

住宅専用部分の壁心による面積とし、バルコニーの面積などは含めません。

  • 一戸建ての住宅 ・・・ 床面積の合計が75㎡以上
  • 共同住宅等(共同住宅、長屋その他一戸建ての住宅以外) ・・・ 一戸の床面積の合計が55㎡以上(共用部分の床面積を除く。)

※住戸の少なくとも一つの階について、その床面積が40㎡以上であること(階段は床面積から除く)

《平成28年基準》にて省エネ性を検討したものをご提出ください

図書・添付資料ともに、平成28年基準でご検討ください。

  • 窓枠を考慮した日射熱取得率を使用してください
  • 平成28年基準に準拠した計算プログラムを使用してください

変更申請について

平成25年基準で認定を受けた物件は、平成25年基準・平成28年基準のいずれも使用可能です。

住宅の取得に利用可能な税制特例

各税制の概要 → 国交省のホームページ

概 要

長期優良住宅とは

センターでは「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づき、特定行政庁への「長期優良住宅建築等計画の認定申請」に先立って技術的審査を行い、適合証を交付します。認定申請をしようとする方は、この適合証を添付して所管行政庁に認定申請をしていただきます。
認定を受けると、税制特例などの適用を受けることができます。

参考となるサイト

業務区域

  • 奈良県・・・全域
  • 京都府・・・木津川市・笠置町・和束町・精華町・南山城村

宇治市・城陽市・八幡市・京田辺市・久世郡久御山町・綴喜郡井手町

  • 大阪府・・・東大阪市・八尾市
  • 和歌山県・・・橋本市

対象建築物

  • 一戸建ての住宅及び共同住宅等の新築住宅

長期優良住宅適合証交付までの流れ

ワンストップサービス

ワンストップサービスとは、同じ建築物で、複数の業務において申請を併願される場合、審査・検査の一部が省略され、手数料も割引されるサービスです。

  • ワンストップサービスの流れと併願内容については こちら[PDF]

長期優良住宅建築計画に係わる技術的審査の業務規程等

参 考

住宅省エネルギー技術講習会(施工技術者講習会・設計者講習会)について

住宅省エネルギー技術講習会(国土交通省補助事業)は、全国47都道府県で開催しています。

また、地域型住宅グリーン化事業の募集要項には、『住宅の省エネルギー技術に関する講習の修了者がその設計、施工、または工事管理に関わるもの』とあり、この講習会の受講が求められています。

受講対象者

  • 地域の木造住宅生産を担う大工技能者
  • 断熱施工技術者
  • 設計者

センターの取り組み

当センターは、奈良県省エネ住宅推進協議会の構成員として、この講習会の実施や地域の住宅の品質の向上、市場の活性化に取り組んでいます。

講習会開催のスケジュール

奈良県での講習会開催スケジュールは こちら(shoene.org)をご覧ください。

※「施工技術者講習会と「設計者講習会2種類ありますので、申込みの際はご注意ください