住宅性能評価

住宅性能評価

 

 

申請される前に

 

外皮計算等には《平成28年基準》を使用してご申請ください。

平成28年基準では・・・

  • 窓枠を考慮した日射熱取得率を使用してください
  • 平成28年基準に準拠した計算プログラム を使用してください

 

変更申請について

平成25年基準で設計評価申請を行った住宅は、平成25年基準での変更が可能です。

 

住宅の取得に利用可能な税制特例

各税制の概要は、国交省のホームページ をご参照ください。

概 要

住宅性能評価とは

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づき、耐震性や省エネルギー性等の評価項目10分野について、設計段階で評価を行い、等級や数値で表示した設計住宅性能評価書を交付します。
その後、施工中と完成時に現場検査を実施し、評価を受けた設計どおりに施工されていることを確認できれば、建設住宅性能評価書を交付します。

一般財団法人なら建築住宅センターは、平成12年10月に国土交通省から登録住宅性能評価機関の指定を受け、住宅性能評価業務の的確な処理と迅速化に努めています。

業務区域

  • 奈良県全域
  • 大阪府全域
  • 京都府・・・京都市、宇治市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、木津川市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町、宇治田原町、相楽郡笠置町、和束町、精華町及び南山城村
  • 和歌山県・・・和歌山市、橋本市、紀の川市、岩出市、伊都郡かつらぎ町、九度山町及び高野町
業務区域図

対象建築物

  • 一戸建ての住宅及び共同住宅等

設計住宅性能評価書交付までの流れ(新築住宅)

hyouka-sekkei-nagare

建設住宅性能評価書交付までの流れ(新築住宅)

hyouka-kensetsu-nagare

 

ワンストップサービス

ワンストップサービスとは、同じ建築物で、複数の業務において申請を併願される場合、審査・検査の一部が省略され、手数料も割引されるサービスです。

  • ワンストップサービスの流れと併願内容については こちら[PDF]

住宅性能評価の業務規程等

  • 業務規程 [PDF]
  • 業務約款 [PDF]
  • 登録住宅性能評価機関の情報開示[PDF]